鼻が折れると鼻血が出る

鈍器で顔を殴れば鼻は折れるし、誰かのために行動すれば社会は変わる。仕事も執筆も想いを込めて。

タイ就職が失敗となる3つのパターン(就職〜内定編)

 実は私自身が、①と②の失敗をしている。また、③で取り上げたパワハラも受けた。私と同じ失敗をする人が少しでも減ることを願い、今回の記事を執筆した。

目次

  • 失敗① 就活に割く時間が少ない
  • 失敗② 待遇の詳細を確認しない
  • 失敗③ コンプライアンスが杜撰な会社を選ぶ

失敗① 就活に割く時間が少ない

 転職活動、特に海外就職にはじっくり時間をかけるのが鉄則である。もっとも時間をかけるべき箇所は、転職エージェントへの登録から内定までの期間である。業界や国に関する知識は、転職活動を進める中で蓄えていけばよい。まずは早めに転職エージェントへの登録を推奨する。

 最初の面接から内定までは、少なくとも3ヶ月、できれば半年くらいはみたい。極端な話をすると、最初の2週間に提示された求人はすべて練習だと割り切り、内定を取っても蹴るつもりでよい。

 一方、ネットの記事を見ると、下記のようにスピーディーな転職活動を推奨している。

転職エージェントに相談したその日のうちに10社程度の求人を紹介され、1週間かけて企業研究を行った結果、3社への応募を決意。(中略)およそ1ヵ月半かけて各社で2~3回の面接が完了。2社から内定を得て、うち1社へ入社を決めました。転職相談から入社まで約3ヵ月でした。
転職活動の期間はどのくらい?転職までの流れとスケジュール事例 | リクルートエージェント

転職エージェントにとっても、転職する本気度が低い人は相手にしたくないのです。転職の本気度は期間でわかります。(中略)リサーチの期間を含めて約半年、面接など、実際の活動をする期間は3ヶ月以内が転職が成功する場合の目安です。
転職活動の期間は短い方がいい?平均3ヶ月から半年が目安な理由は? | BRAVE ANSWER

 騙されてはいけない。これらは、転職エージェントの意見、あるいは転職エージェントから広告費をもらっている会社の意見である。鵜呑みにすればあなたのタイ就活は失敗するであろう。情報の発信者には、よくよく注意しなければならない。

 転職エージェントはあなたが内定し、転職活動が完了すれば、あなたの入社先の企業からフィーが手に入る。少ない労働力で転職希望者の転職活動を終わらせたいのである。したがって、転職エージェンおよび転職エージェント側のメディアは、転職活動は短めにと吹聴するのである。

 転職エージェントに務める友人に個人的に聞いたところ、「半年から1年かけて転職活動した人が満足いく転職をしている」と回答した。もっとも、「転職エージェントとしては、効率よく稼げないので歓迎はしない求職者だけどね」とも付け加えていた。

 では時間をかけることのメリットは何か。それは自分自身の相場を理解した上で、自分を高く評価してくれる企業を見る目を養えることである。

 海外における日本人の現地採用には、確固たる相場がなく、現地法人の社長の感覚や求人の緊急性でかなり給与が変わる。

 5万バーツの給与が妥当と転職エージェントで言われた人が7.5万バーツで内定することも珍しくない。給与が50%違うというのは、とんでもない差異である。また、同じ業界で同じ経歴・能力で働いていても給与が数十%違うというケースもよく聞く。

 戦略的に行動し、うまく自分を相場より高く評価してくれる会社を見つけ、入社する。これが、タイへ現地採用として就職するための有効な戦略である。

 本件の詳細は下記の記事に書いている。

転職活動の期間を長くとれるなら、人材会社が推奨する目安の待遇より、3割高い金額を目標とすべきである。
現地採用の就活はタイミングによる運ゲー要素が多い - 鼻が折れると鼻血が出る

失敗② 待遇の詳細を確認しない

 タイへ現地採用として就職するにあたり、「待遇の詳細は御社規定に従います」というのは通用しない。

 そもそも日本人の現地採用が初めて入社するケースも多い。また、既に現地採用の日本人がいたとしても、奥さんがタイ人であるなど永住志向の日本人と、キャリア志向の30代日本人では、必要あるいは求める待遇は異なる。

 例えば、タイの労働法においては、有給は勤務一年後に6日与えられる。年に有給が6日、すなわち法定の有給のみだと、連休以外の際に用事で日本に帰ると、ほとんど有給がなくなってしまう。

 会社独自の規定で、それより多く有給を与える企業もある。例えば、試用期間を過ぎたら有給を利用可能、一年目から10日以上付与する優良企業もある。できればそういった会社を選ぶことが望ましい。

 さらに重要なのは、医療補助である。タイにおける医療費は、日本と違い全額負担である。また、タイ語での診療は日本人にはかなり厳しいため、日本語や英語の通じる外国人・富裕層向けの病院に行くことになる。

 風邪でも1万円、複数回通院するような病気なら数万円〜十数万円が軽く飛ぶ。会社の提供している医療補助の内容の確認は必須である。

 まずは、待遇に関する様々な詳細が書かれている就業規則(オフィスレギュレーション)を読むすべきである。あとで、思っていたのと違う!失敗した!とならないよう慎重に確認したい。タイの現地法人は、日本本社のように、仕組みが整理されているわけではないことは、要注意である。

 日本人現地採用の給与額以外の福利厚生は、タイ人向けのものがそのまま適用される。しかし、タイで外国人である日本人とタイ人では、必要性が異なるものが多い。有給や医療補助など、少しでも駐在員に準ずる扱いを受けれないか、会社に検討を求めたい。

 本件の詳細は下記の記事に書いている。

少なくとも内定をもらって、雇用契約書にサインする前に就業規則(オフィスレギュレーション)を確認すべきである。
タイ現地採用が覚えておきたい待遇に関する6つの豆知識 - 鼻が折れると鼻血が出る

色々聞くと、心証が悪くなるのではないかと思うかもしれない。しかし、会社側はむしろしっかり聞いてほしいと思っている。
なぜ現地採用の待遇は重々確認すべきなのか - 鼻が折れると鼻血が出る

失敗③ コンプライアンスが杜撰な会社を選んでしまう

あの時のことを考えるだけで頭がしびれる
【パワハラ】タイで暴力事件を厳重注意で包み隠す大手日経企業を暴露【海外現地採用】〔#177〕 - YouTube

 上記のYouTubeは、元バンコク現地採用のYouTuberが、自身が経験した上司からのパワハラ(というか暴行事件)について語っている動画である。ここでの注目点は、労働局の対応と本社の対応である。

 日本の労働局は管轄外、かつタイの労働局は動いてくれなかったと、述べられている。タイ人であれば、労働裁判を起こすなど、会社への対抗措置はある。しかし、日本人がタイで訴訟を起こすというのはかなりの手間である。

 また、退職となった時点で、ビザがなくなるので、タイに居続けることができない。トラブルにあった際、現地採用の立場は非常に弱い。法的な後ろ盾がないため、交渉スキルで様々な困難を乗り越える必要がある。

 次に本社の対応である。酒の席での上司による暴言と暴行(上司は小突いたと表現)に対して、以下が本社の結論である。
・上司による行為の事実は認定する
・上司は厳重注意
・(暴行を受けたYouTuber)に本件で不利益がないようにする

 当YouTuberは本当に悔しい思いをしたかと思う。しかし、これはまだマシな対応である。中小企業なら被害者が職場から追い出されかねない。

 動画にもあったが、大手企業にはコンプライアンス窓口を設置しているケースがあり、トラブルの際にはそこに苦情を言えるようになっている。実際に機能していなくても、コンプライアンス窓口が存在しているだけで、会社との交渉が優位になるケースがある。

 例えば、契約上支払われるべき残業代が払われてない場合、コンプライアンス窓口への相談も最終的には考えていることを表明すれば、現地法人の社長に対してプレッシャーをかけることができる。

 これに関連しては以下の記事を参考にして欲しい。

総じていえば、親会社の企業規模が大きいほど、タイ現地法人にも健全なコンプライアンス体制があり、奇人・変人は淘汰されやすい
海外就職の際の現地法人の選び方 ~親会社を見る~ - 鼻が折れると鼻血が出る

 もちろん、中小企業よりはマシだからといって、当該YouTuberにとってはなんの意味も持たない。この事件には同じ現地採用として、深い憤りとを覚える。

 大手企業のタイ現地法人における、ひどい事例を紹介した。しかし、大手企業の方がマシな可能性が高いことは理解しておくべきである。

 これらは、トラブルが起こったときに、どのように組織がトラブルに対応するかという体制の話である。もちろん、そもそもトラブルが起きない方が好ましい。できれば、入社する前に、タイ現地法人に勤務する日本人やタイ人と飲みに行くなど、上司や同僚の人柄を把握したい。

おわりに

 さて、③のパワハラについては、予見は難しいであろう。しかし、就活の時点でしっかり見極めて少しでも良い雰囲気かつコンプライアンスが確立した職場に入りたい。そして、①の就活の期間と、②の待遇の確認は、あなたの意思次第で可能である。

 成功はいろんなパターンがあるが、失敗のパターンは典型例がある。ぜひこの記事の他にも様々なブログから情報収集をして欲しい。

 この記事でたった1人でもよいので、現地採用者の不幸を防げれば幸いである。

 

続編はこちら

山田長政から学ぶ失敗しないタイ就職(業務編) - 鼻が折れると鼻血が出る