鼻が折れると鼻血が出る

ブログ名で検索すると医療機関が鼻血の対処法について書いたHPがヒットします。タイ就職・鼻血にて検索下さい。

ぬかるみを匍匐前進

 

 タイの法律は難解である。

 日本の法律は難解であっても矛盾はない。専門家が見ても意味が分からない法律はない。

 しかしタイは違う。立法技術が未熟である。書くべきことが書かれていない。条文同士に矛盾がある。専門家が見ても「この部分は不明確である」という点が多々出てくる。そして、その部分が致命的に重要だったりする。

 例えばタイ現地法人が、親会社からの仕入れにおける為替リスクをどう回避するかを考えるとする。相殺や為替予約など複数のスキームがあるが、それを理解するのにまず一苦労である。日本でさえ難しいイシューを他の国の制度において考えるのは骨が折れる。

 理解できたとして、税法上どのようなリスクが発生するかを検討する際は、さらに骨が折れる。事実関係が難しいため、適切な質問自体が難しい。さらに、質問をしても、専門家によって、答えが真っ二つに別れることも少なくない。

 脱税なり節税なり、あえて難しい処理を狙うわけではない。普通に正しく納税したいだけなのに、途方にくれる。

 どのようなビジネスパーソンがこのような環境で活躍しているのか?

 他人の意見を踏まえ、自分の頭でロジックを再構築できるビジネスパーソンである。真っ向から対立するように見える意見であっても、前提が異なるだけで、実は両方正しいということはよくある。

 日本に比べ、東南アジアは、事実も、人の意見も、制度もすべてあやふやである。しかし、このあやふやさを少しずつ排除していかなければ、ビジネスは進まない。

 理解するまで聞き続ける。伝わるまで話し続ける。当たり前のことかもしれないが、それを東南アジアで貫くのは途方もない忍耐と志が必要だ。

 しかし、これこそが海外人材のスキルである。グローバル人材というと、華やかな言葉に聞こえるが、文化や制度が異なる国で働くと、泥臭い経験を連続して味わうことになる。

 さて、ぬかるみを匍匐前進で進む準備はいいだろうか。違う目線だからこそ見える世界があるはずだ。