鼻が折れると鼻血が出る

ブログ名で検索すると医療機関が鼻血の対処法について書いたHPがヒットします。タイ就職・鼻血にて検索下さい。

オンヌットの凄いところをとにかく挙げる

 

 オンヌットが凄い。どのくらい凄いかというと、とても凄い。凄い!と言い切れるくらいオンヌットはすごい。とにかく凄い。


✎ 駅近浅築物件が勢揃い

 駅近浅築物件の四天王(当ブログ認定)は以下である。どれも立地、値段、ファシリティー、文句無しだ。1万バーツ代とは思えないクオリティーである。

 もちろん、現地採用の住居としては、格安とは言えない。ぜひ、タイ就職や転職の際には高めの給与をゲットして欲しい。

  • アイデオ モビ スクンビット(Ideo Mobi Sukhumvit 81)
  • アイデオ ヴァーブ スクンビット 81(Ideo Verve Sukhumvit 81)
  • キュー ハウス スクンビット 79(Q House Sukhumvit 79)
  • リズム スクンビット 50(Rhythm Sukhumvit 50)

転職活動の期間を長くとれるなら、人材会社が推奨する目安の待遇より、3割高い金額を目標とすべきである。

現地採用の就活はタイミングによる運ゲー要素が多い - 鼻が折れると鼻血が出る


✎ 徒歩圏広々物件、格安物件てんこもり

 オンヌット駅の南側、通称テスコ裏には格安かつ広いコンドミニアムがたくさんある。1万バーツ代の謎に広々とした物件を紹介しよう!2万バーツ半ばでなんと80平米超えだ!そんなスペース必要ない?そんなの関係ない!

  • ザ リンク(The Link)
  • ザ ネクスト ガーデン(The Next Garden)
  • ツリー コンド(Tree Cond)
  • TKF コンド(TKF Cond)


✎ アソーク・スクンビット駅までBTSで10分

 もはやアソーク・スクンビット駅付近に住んでいるといっても過言ではない。いや、アソーク・スクンビット駅に住んでいると言えるであろう。


✎ 空港まで30分かからない

 トンローだったら、パリピが路上で酔っ払ってたらたら横切って、しかも運転手も酔っ払いで、みんながドンペリでベロンベロンなので、交通が麻痺している。トンローエリアから抜けるのに3時間くらいかかる。
 それに比べて、オンヌットは空港まで30分!時は金なり、正義はオンヌットにあり!

 

✎ 豚がいる。まじやばい。

f:id:yuta365:20190911091825j:image

 豚だっているさ、オンヌットだもの。

 オンヌットから北北西に歩いていくと、未知のエリアが広がっている。こんな道があるんだぜ?ここをバイクが通るんだぜ!?通路ってレベルじゃないぜ。ちょっとしたダンジョンである。

f:id:yuta365:20190911091710j:image

 さすがオンヌットの豚。そこらへんの豚とはレベルが違う。人間を見ても驚かず、悠々と道を渡っている。

 「ちょっと失礼するよ」くらいの貫禄である。

f:id:yuta365:20190911091922j:image

 なお、オンヌットのスーパーでは豚肉が一切売られていない。オンヌットの民にとって、豚肉は買うものではなく、狩るものだからである。代わりにオンヌットナイフ(通称おっふ)がいたるところで売られている。

 おっふは、頑丈な把手とキレ味の悪い刃が特徴である。おっふを自ら研ぎ、鋭利な刃に仕上げることができて、一人前のオンヌットの戦士として認められる。

 第二次オンヌット独立戦争の英雄であるヌップオヌ・オンヌンンットが兵士を奮い立たせた「自らの刃を研げぬ者にオンヌットの地に立つ資格なし」の名セリフに敬意を表し、オンヌットではキレ味の良いナイフを販売することが法律で禁止されている。

 

✎ 北海道の幸が売っている

 南国でありながら、北海道の幸が手に入る。そう、オンヌットのBig C ならね。

 オンヌットの民は獣を狩るのは得意だが、寒さに弱いカナヅチなので、極寒の海は守備範囲外なのである。

f:id:yuta365:20190911134837j:image

 なんか、北海道っぽくないのも混ざっているのだが、右奥にこれだけ堂々と「北海道」と書かれているのだ。すべて北海道の幸で間違いないだろう。

f:id:yuta365:20190911135122j:image

 日本では天然記念物のやつも混ざっている気がするが、まあ北海道の幸で間違いないはずだ。


✎ プロテインが買える!

 オンヌットの駅ナカにプロテインショップがあり、いつでも君とプロテイン!
 トンロー住民のみぞおちにボディーブローを食らわす準備は出来ているか?みぞおちには、腰を落として、下から突き上げる感覚で打っていこう。

f:id:yuta365:20190911235217j:image

 

✎ この世のすべてはオンヌットに置いてきた

 愛以外のすべてのモノはオンヌットのテスコロータスとかBig C に行けば手に入ると言われている。たぶん。

f:id:yuta365:20190911140323j:image


✎ 24時間営業のTHE COFFEE CLUBがある

 現地採用は勉強しよう!知識が大事。みんな、駅前のTHE COFFEE CLUBで勉強しよう!
 プロテインショップのプロテインをコンドミニアムのジムで筋肉に変え、トンロー住民を撲殺。みぞおちへのボディーブローで相手の動きを止めて、あとは後頭部にエルボーをひたすら叩き込むべし。勉強で得た知識を用いて、完全犯罪な遺体投棄を目指すべし。
 なお、THE COFFEE CLUBのストローは紙製である。環境意識も高い!

f:id:yuta365:20190911014631j:image


✎ 名前の響きが良い

 いや、もうオンヌットって名前の響きが良くないですか?このマイルドな響き、攻撃性の無さ、無抵抗のガンジーの如し。
 ラチャダムリとか、ダムリってポケモンの最終形態みたいだし、エカマイとかまずそうな米の品種みたいだし、プロンポンとかヒロポンのジェネリック麻薬ですか?って感じである。
 トンローにいたっては、B級アクション映画に出てくる謎の脇役が持っている謎の武器みたいな名前だ。戦い始める前に、やたら能書きを語りながらクルクル回すものの、主人公の相棒に瞬殺される。単に相棒の修行の成果を示すだけの役割で登場する雑魚キャラの雑魚武器である。

 その点、オンヌットは優しさが内包された響きとなっている。彼女と深夜の2時までRCAのクラブで踊って、次の日の朝、重い体を引きずってベットから出る。そしたら、彼女がしじみ汁を作っている。そんな優しさを感じる言葉の響きではなかろうか。おんぬっと。

 この前、駅で道に迷っていた日本人の女の子を道案内した。かわいかったので連絡先を聞いて、その後もちょくちょく連絡を取っていた。
 ある時、「オンヌットに住んでます。まぁ中心部から少し離れているんで、埼玉みたいなポジションでしょうか」と僕が言ったら、「確かに、オンヌットって、ちょっと名前がダサいですね」って彼女は笑いながら言った。
 もう連絡先を削除するしかないわけですよ。オンヌット住民が自虐的にオンヌットを言うのは許されても、オンヌット住民以外がそれを言うと、もう戦争ですよ。いくとこまでいくしかないわけですよ。
 マミさん、君の巨乳は名残惜しいがオンヌットを馬鹿にした以上は、さようならだ。

f:id:yuta365:20190911014737j:image

 

✎ 高速の出入口がある。

 オンヌットの南側には高速道路の出入口がある。地味に便利である。バンコクの移動時間は、移動距離ではなく道路の混雑状態によって左右される。高速道路はスイスイ進んでいたが、高速道路を降りたら渋滞というのは日常茶飯事である。
 高速道の出入口に住めば、渋滞の苦痛が緩和された快適ライフが約束されている。プロンポン、トンロー、エカマイ住民が家の前の道路の渋滞で立ち往生している中、オンヌット住民は華麗に目的地に一番乗りである。


✎ マッサージいっぱい癒やしの百貨店

 オンヌットといえばマッサージというイメージを持っている人も少なくない。

 従業員が30名くらいいる大箱系マッサージ店から、数名のアットホームなマッサージ店まで選り取り見取りである。価格も200バーツからである。好きな雰囲気の店を見つけ、常連になると良い。

 持論であるが、タイマッサージの快適さの半分は、店の空調、設備、BGMが自身の嗜好に合うかで決まる。もちろん残りの半分はマッサージ師の腕である。

 

✎ 我らがトップバリュー!

 世界のイオンが経営するトップバリュー。バリューはトップクラス!!
 微妙なお惣菜、品揃えが微妙な棚!まさに侘び寂び。WABISABI
 侘び寂びの分からない単純な単細胞は、トンローに住んでフジスーパーにでも行けばいいよ!

 ちょっとWABISABIなオンヌット駅前にあるトップバリューの深夜の店内の写真を貼っておきますね。

f:id:yuta365:20190911014910j:image

 どうですか、この棚。足るを知るって感じの欠品具合。タイ国王ラマ9世(プミポン国王)の教えも「足るを知る」である。まさに国父の教えを実践するかの如き店づくり。

 あと、なんだか焼き魚も物憂げである。きっと深夜なので食欲が爆発してしまうとよろしくないので、こんな感じのルックスで佇んでいるのであろう。

f:id:yuta365:20190911015031j:image

 

✎マクロでマジで新鮮な魚介類が買える

 スクンビット77を北上していくとマクロがある。広々とした売場に、お買い得商品が山積みである。中でも目を引くのは生簀である。生簀に魚やエビがゆうゆうと泳いでいる。

 泳いでいるエビは、オニテナガエビといって淡水に住む中では最長クラスのエビある。日本では一匹1,500円とかするらしい。タイでは1Kg400バーツ(1,500円くらい)である。このエビに限らず、お手軽な値段で、新鮮な魚介類が買えてしまう。

 買ったエビは家に持って帰ってもまだ生きているので、料理をするのに躊躇してしまう。首を落とすと、下半身がピクピク動いて、ちょっとえげつない。

 個人的なおすすめはオヒョウである。カレイかな?ヒラメかな?と思ったら、オヒョウであった。ただし、焼いて味付けすれば、ヒラメもカレイもおひょうも味は大して変わらない。ナマズなどの川魚に有りがちな臭みがなくて、美味である。

 なお、マクロに並んでいる魚は、すべて店員に捌いてもらえるので、魚が捌けない人も心配は御無用である。


f:id:yuta365:20191105012337j:image


✎ 自然が豊か

 なんとトカゲがいる。たぶん蒲焼きで食えば絶倫に。きっと蛇もいるんじゃないだろうか。たぶん蒲焼きで食えば絶倫に。
 テスコロータスの南側の格安コンドミニアムが密集するエリアで見つけたよ!

f:id:yuta365:20190911015150j:image


✎ 日本の味が食える

f:id:yuta365:20190911015206j:image

 日本の味、和生。オーナーの女性がここで店を開くに至った道は平坦ではない。詳しくは彼女に聞いて欲しい。

 応援申し上げております!

 カウンターに陣取る常連が近寄りがたい雰囲気を出しているが、カウンターに座る必要はない。一人であってもテーブルに席る方がオススメである。

f:id:yuta365:20190911015228j:image

 豚平焼き、おいしい。しかし、豚肉が少ない。豚肉、この国安いのに、、もっと入れてくれてもいいじゃん、、と思ったけど、店の優しさなのであろう。健康を考えれば、肉より野菜を取るべきである。客の体を思いやる優しさ。きっとそう!

 

✎ ムービープラザでB級デート

 オンヌット駅ほぼ直結の場所にあるセンチュリー ザ・ムービープラザ。文字通り映画館もあるB級ショッピングモール。上級国民が選ばざる街オンヌットに相応しいB級感のあるモールである。1階のしゃかりき432の張り紙「穴兄弟」が謎の存在感を発揮している。

 しかし!

 デート場所はB級でも、連れてるイサーン娘はFカップ!
 ジーク・オンヌット!

f:id:yuta365:20190912204246j:image

 

✎ ムービープラザで映画鑑賞

 洋画のタイ語字幕、タイ映画の英語字幕、日本映画の英語字幕、何を見るにせよ、語学の勉強になる。
 難関資格を持たない現地採用が、タイでキャリアを築くならば、語学スキルは必須である。TOEICなどの座学系だけではなく、映画の日常会話的な言い回しも頭にいれておこう。もちろんTOEICスコアも(点数と英語力は比例しないとはいえ)箔をつけるために必要なのは言うまでもない。

 さて。昔、大学の教授がこういった。数十億円、100億円以上かけて作られた映像がたった1000円ちょっとで見ることができる。これほど素晴らしいことはない。人生を豊かなものにしたければ、映画をたくさん見るといい。
 日本だと割引がないと映画料金の1800円ってちょっと高いなって思う。レイトショーや割引のある日もあるが、時間を合わせるのがめんどくさい。しかし、タイならいつでも200バーツ前後で見れる。そう、オンヌットなら。いや、オンヌット以外でも。
 イオンゴールドカード(タイ当地で発行しているクレジットカード)を作れば、毎月1回、Buy 1 get 1 free で映画のチケットが買える。タイ人とのデートに最適である。ごちゃごちゃうるさいFカップのイサーン娘も、映画鑑賞中は静かである。

 とにかく! 映画みようぜ!!

 

✎ 風俗嬢がオンヌット!

 風俗嬢の多くはオンヌットに住んでいる(在タイ日本国大使館エロ風俗調査課調べ)。百戦錬磨の目利きである風俗嬢から選ばれる街、それがオンヌットである。
 日本人男性が散財した富は、風俗嬢の財布を経由して、オンヌットに還元されるのである。仏教でいうところの、輪廻転生というやつである。
 理由はシンプルで、スクンビット沿いのプラカノンまでのエリアは外国人が住みやすい反面、外国人価格がレストランや家賃に載っている。外国人プレミアムなんて必要ない。現地採用は、オンヌットでローカルを克服して生き抜くべきなのだ。

 

✎ テスコで踊れる!

 レッツダンス!

 夕方、テスコロータスの駐車場で、青空エアロビクスが繰り広げられている。タイ人のオバさま方と汗を流し、テスコロータスで買った肉でタンパク質を補給するべし。肉は鶏肉にしよう。牛はまずいし、豚は売っていない。

 なお、エアロビの講師はテスコロータスから謝礼をもらっている。

 

✎ オンヌットロード沿いのカラオケ

 女の子を隣につけると、45分160バーツ。ビールは一本150バーツくらい、レディードリンクなんてものは存在しない。それがオンヌット式カラオケ。

 Big C を右手に見ながら北東に道なりに進んでいくと、右手にちらほらピンクのネオンの店が見える。女の子は、おそらく一晩400〜600バーツくらいしか稼いでいないと思われる。中にはラオス人もいる。

 ここで女の子と盛り上がることができたらタイ上級者である。女の子のホスピタリティーが少なすぎるし、タイ語オンリーの子が大半であるため、楽しむにもスキルが必要だ。行く者を選ぶカラオケ、それがオンヌットスタイル。

 こんな感じで、気怠く女の子が店の前に座っている。ぜひローカルを体験して欲しい!


f:id:yuta365:20191105093302j:image

 

✎ 宮島さんも住んでる

オンヌットのコンドミニアム「TKF CONDO」に潜入してきました

 なんでかわからないんですけど、宮島さんにすごく踏まれたい。とにかく踏まれたい。テスコロータス駐車場で踏まれたいですね。
 ちなみに、宮島さんとは面識はない。日本に帰国されたようである。ご活躍を祈念している。


✎ オフ会募集にシニアが殺到

 亀の甲より年の功!敬老精神のオンヌット!

オンヌット会を発足します! - バンコクの掲示板 | トラベロコ

 ノリのいい感じの若者がオンヌット会と称して飲み会を企画したところ、60代の方々が殺到。主催者涙目でワロスという状況になっている。
 酸いも甘いも知り尽くした人生の大先輩に選ばれる街、オンヌット。もう住むしかない!


✎ 僕と君がいるオンヌット

 いつだって、僕のいる場所が世界の中心だし、君のいる場所が世界の重心だ。住めば都のオンヌット。ここは現地採用のマサラタウン。

 豚を狩り、3時のおやつはカブトガニ(生で丸かじり)。酒のツマミはトカゲの蒲焼き。そして夜のTHE COFFEE CLUBでの勉強は欠かさない。

 自慢の磨き抜かれたおっふを携え、トンローに攻めこもう。立ち上がれ、オンヌットの民よ。正義は我らにあり。

 オンヌット、ここはいい街。一度は住みな。居心地の良い懐の深い場所である。

 オンヌットより愛を込めて

 

オンヌット住民にはそこらへんの草でも食わしとけ! - 鼻が折れると鼻血が出る